宅建の自分用勉強メモ 「契約の効力」

< 同時履行の抗弁権 >
○ 売買契約のように、お互いに債務義務が生じる場合には、同時に履行されるのが原則。
(商品を売ってもらい、同時に代金を支払う。)

○ 同時履行の抗弁権を主張することで、履行遅滞にならない。
同時履行の抗弁権を主張する。という状態は、相手が同時履行を行っていない。という過失がある状態なので、履行遅滞にはあたらない。

○ 同時履行に関係に立つもの
・物の売買
・契約の取り消し

○ 同時履行の関係に立たないもの
・登記など手続きなどに時間がかかるもの
・建物の明け渡し後に敷金の返還など、手続きに順番が定められているもの。

< 危険負担 >
○ 災害などで売主買主ともに責任がないときに、どちらが損失を負担するか。
・民法では買主が危険を負担する。
(所有権が売買契約の成立と同時に買主に移転しているため)



スポンサーサイト
09 : 14 : 51 | 宅地建物取引士資格試験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宅建の自分用勉強メモ 「委任」 | ホーム | 宅建の自分用勉強メモ 「弁済と相殺」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hoketu4.blog39.fc2.com/tb.php/210-fa9e2bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

hoketu

Author:hoketu
山菜採り命!

フリーエリア1

カテゴリ

未分類 (105)
富良野地域情報 (4)
映像編集作業 (2)
Web関係のメモ (2)
Flash関係のメモ (5)
音楽関係 (2)
アンドロイドアプリ開発 (12)
キンコメ (10)
iPhoneアプリ制作 (5)
相続登記 (2)
宅地建物取引士資格試験 (86)
宅建士問題集 (5)
ITパスポート (7)

最新記事

最新コメント

フリーエリア2

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する