スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

宅建の自分用勉強メモ 「弁済と相殺」

< 弁済 >
○ 弁済とは・・・・
・弁済とは、債務者が債務を履行することを弁済という。

○ 第三者弁済とは・・・
・債務者以外の第三者が弁済することを第三者弁済という。

原則:第三者は債務者の意思に反して債務を弁済することはできない。
    (ヤクザが債務を勝手に弁済して、債務者がピンチに。ということもあり得るため)
例外:利害関係のある第三者であるなら、弁済可

○ 代位
第三者が債務を肩代わりして弁済した場合、第三者が債権者に代位する。

○ 債権者ではない者への弁済
原則:債権者以外の者への弁済は無効。
例外:債権の準占有者+善意無過失なら有効。

債権の準占有者とは・・・正規の領収書や印鑑などを持った第三者が、正規の債権者を装って、弁済受領権限があるように見せている人

・ニセの徴収人にお金を支払った場合。被害者が善意無過失であれば、弁済は有効となる。債権者はこの場合、ニセの徴収人に対して返済を求める。

○ 代物弁済
・債務者は債権者の承諾があれば、債務を代物弁済することができる。

< 相殺 >
○ 相殺する側(相殺を持ちかける側) → 自働債権
○ 相殺される側(相殺を持ちかけられる側) → 受働債権

○ 相殺できる状態(相殺適時)になるための条件
・相殺する側、される側の債権が対立している事。
・相殺を持ちかける側の債権が支払い時期に来ている事。(受動債権側は支払期でなくても可)

○ 相殺できない場合
・受働債権が不法行為に基づく損害賠償債権
・差押えを受けた債権(差押え前なら可)


スポンサーサイト
06 : 27 : 10 | 宅地建物取引士資格試験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宅建の自分用勉強メモ 「契約の効力」 | ホーム | 宅建の自分用勉強メモ 「時効」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hoketu4.blog39.fc2.com/tb.php/209-f597c996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hoketu

Author:hoketu
山菜採り命!

フリーエリア1

カテゴリ

未分類 (106)
富良野地域情報 (4)
映像編集作業 (2)
Web関係のメモ (2)
Flash関係のメモ (5)
音楽関係 (2)
アンドロイドアプリ開発 (12)
キンコメ (10)
iPhoneアプリ制作 (5)
相続登記 (2)
宅地建物取引士資格試験 (86)
宅建士問題集 (5)
ITパスポート (7)

最新記事

最新コメント

フリーエリア2

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。