スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

宅建の自分用勉強メモ 「連帯債務・保証債務」

< 連帯債務 >
○ 連帯債務とは・・・

・債権者が連帯債務者全員に債務の全額を請求できる債務。
・連帯債務では、連帯債務者の一人に対して、債務の全額を請求することもできる。

< 絶対効と相対効 >
○ 絶対効とは・・・
・連帯保証人の中の一人が行った行為が他の保証人に対して効力を及ぼす事を絶対効という。
・連帯保証人の中の一人がなにかを行っても、他の保証人に対して影響を及ぼさない事を相対効という。


○ 絶対効には・・・
履行、請求、更改、混同、相殺、時効完成、免除 がある。

○ 履行 
借金を弁済した。

○ 請求
債権者が連帯保証人の一人に弁済の請求をした。連帯債務では、債務者の一人に請求すると、全員に請求したと同じ効果を及ぼす。

○ 更改
債務者の一人が、別の借金をして債務を履行する。更改した債務者はほかの連帯債務者に対して求償を行うことができる。

○ 混同
連帯保証の一人が相続などで債権者となった場合。この場合、連帯債務者が債権者となった事で債権は弁済されたとみなして債権は消滅します。新しい債権者となったものは、残りの債務を他の連帯債務者に対して求償することができます。

○ 相殺
連帯保証の一人が自分の債権により債務を相殺した場合、債務は消滅する。相殺を行った連帯保証人は他の連帯保証人に残債を求償することができる。

○ 時効完成
連帯保証人の一人と債権者の間で時効が完成すると債権は消滅する。時効完成により一人分の債権額がなるため、残りの債権額を連帯債務者が弁済するようになる。

○ 免除
連帯保証人の一人が債権者から弁済を免除されること。残りの保証人も免除された保証人の負担部分が減る。

総理成功混同して、負担の掃除を免除した。


スポンサーサイト
23 : 04 : 28 | 宅地建物取引士資格試験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宅建の自分用勉強メモ 「保証債務」 | ホーム | 宅建の問題 「心裡留保」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hoketu4.blog39.fc2.com/tb.php/200-5a745c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

hoketu

Author:hoketu
山菜採り命!

フリーエリア1

カテゴリ

未分類 (106)
富良野地域情報 (4)
映像編集作業 (2)
Web関係のメモ (2)
Flash関係のメモ (5)
音楽関係 (2)
アンドロイドアプリ開発 (12)
キンコメ (10)
iPhoneアプリ制作 (5)
相続登記 (2)
宅地建物取引士資格試験 (86)
宅建士問題集 (5)
ITパスポート (7)

最新記事

最新コメント

フリーエリア2

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。