スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

宅建の自分用勉強メモ「担保物件1」

< 抵当権 >

○ 抵当権とは、債権が回収できなかった時に、代わりに物件を競売にかけて代金を回収する権利。

・家、土地などの担保 → 物的担保(抵当権)
・保証人などの担保 → 人的担保(保証)

融資を受ける際の 貸す側を抵当権者 、 借りる側を抵当権設定者 という。

担保されている債権として、借りたお金を被担保債権 という。

・金銭を貸し借りする当事者以外の第三者が自分の財産に担保権を設定した場合は、第三者が抵当権設定者となり、物上保証人となる。
例)父親が子供のために自宅を担保に入れた。という場合、父親が抵当権設定者となり、物上保証人となる。


○ 抵当権の設定
・抵当権は当事者同士の意思表示だけで設定できる。
・抵当権は不動産のほかに、地上権、永小作権他の抵当権に設定できるが、質権には設定できない。
・抵当権を第三者に対抗するためには登記しておくことが必要。


○ 抵当権の性質(担保物件の通有性)
・付従性 → 借金を払い終えたら抵当権もなくなる。
・随伴性 → 担保の物件の所有者が変わっても、担保権はそのまま残る。
・不可分性 → 借金の全額を弁済しない限り、抵当権は消滅しない。
・物上代位性 → 火災などで抵当物件が消滅しても、金品が抵当権になる。 


○ 抵当権の効力範囲
・付加一体物(付加物) → ドア、建具など、建物と一体の物。
・抵当権設定時の従物 → タタミ、照明器具など。
・抵当権設定後の従物 → 抵当権の効力なし。

判例では「付加一体物と抵当権設定時の従物」まで競売にかけられる

○ 抵当権者の優先弁済の順位
・優先順位は登記の早い順で決まる。
・1番抵当権者が債権の完済で抵当権が消滅していた場合は、2番抵当者が繰り上がる。

○ 抵当権の優先弁済順位の変動
抵当権の順位は各抵当権者の合意と利害関係者の承諾があれば変動させることが可能。
変更後に登記が必要。

○ 転抵当権

転抵当権とは、抵当権を持っている抵当権者が抵当権を担保いれている状態。転抵当権者も抵当権設定者との利害関係者となる。

○ 抵当権順位の譲渡と放棄
譲渡 → 優先弁済順位1位の人が3位の人に譲渡。3位の人が1位になる。
放棄 → 優先弁済順位1位の人が放棄。2位以下の順位が繰り上がる。


○ 担保物件の利息分
複数人の抵当権者がいる場合には、債権元本の利息に対しては、最高で最後の2年分しか受け取れない。
※ 抵当権者が一人の場合は、利息の全額を受け取れる。


スポンサーサイト
21 : 52 : 31 | 宅地建物取引士資格試験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宅建の自分用勉強メモ「担保物件2」 | ホーム | 宅建の自分用勉強メモ「所有権、共有、区分所有法3」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hoketu4.blog39.fc2.com/tb.php/193-d9024cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

hoketu

Author:hoketu
山菜採り命!

フリーエリア1

カテゴリ

未分類 (106)
富良野地域情報 (4)
映像編集作業 (2)
Web関係のメモ (2)
Flash関係のメモ (5)
音楽関係 (2)
アンドロイドアプリ開発 (12)
キンコメ (10)
iPhoneアプリ制作 (5)
相続登記 (2)
宅地建物取引士資格試験 (86)
宅建士問題集 (5)
ITパスポート (7)

最新記事

最新コメント

フリーエリア2

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。