宅建の自分用勉強メモ「相続2」

< 被嫡子 >
平成25年の法改正により、被嫡子の相続分は嫡子と同じとなる。



< 代襲相続 >
被相続人の子が相続する以前に死亡していた場合。亡くなった子に子供がいれば、その子(孫)が代襲相続をする。

 ○ 孫が代襲相続するための条件

  ①死亡
  ②欠格 → 相続目当てで相続人を殺人、殺人未遂を行った場合。
  ③廃除 → 裁判所が相続権を剥奪した場合、被相続人の遺言により相続人が廃除された場合は、相続人の孫が代襲相続できる。


  注)相続人が相続放棄をした場合は、相続権自体がなくなるため、孫への代襲相続もなくなる。
  注)代襲相続は兄弟姉妹にも適応され、被相続人にとって姪や甥が代襲相続する事もある。



< 相続の承認と放棄 >
債務を相続したくない場合には・・・

○ 限定承認
財産が借金より多い場合、財産の分だけ借金を相続する方法。
財産分以上の債務は相続しなくても良いが、限定相続は共同相続人が全員しなければなれない。

○ 相続放棄
相続を始め方しないと表示する。

▲ 限定承認や相続放棄をする場合には、相続開始を知った時から三ヶ月以内に家庭裁判所への申述が必要。



スポンサーサイト
21 : 39 : 01 | 宅地建物取引士資格試験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宅建の自分用勉強メモ「相続3」 | ホーム | 宅建の自分用勉強メモ「相続1」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hoketu4.blog39.fc2.com/tb.php/181-b771127c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

hoketu

Author:hoketu
山菜採り命!

フリーエリア1

カテゴリ

未分類 (105)
富良野地域情報 (4)
映像編集作業 (2)
Web関係のメモ (2)
Flash関係のメモ (5)
音楽関係 (2)
アンドロイドアプリ開発 (12)
キンコメ (10)
iPhoneアプリ制作 (5)
相続登記 (2)
宅地建物取引士資格試験 (86)
宅建士問題集 (5)
ITパスポート (7)

最新記事

最新コメント

フリーエリア2

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する